日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

2019新春の抱負:日本惣菜協会・佐藤総一郎会長 10兆円産業の使命を

インタビュー 2019.01.09 11817号 05面


 2018年は「台風による7月豪雨」や「北海道胆振東部地震」など多くの自然災害が発生致しました。被災された皆さまにお見舞い申し上げるとともに、早期の復興を心よりお祈り申し上げます。全国各地で会員の皆さまにおかれましては、被災地へのご協力やご支援に感謝申し上げます。今年はこのような災害に見舞われないことを願っております。

 協会設立40年目となりました昨年は、17年の惣菜市場規模が10兆0555億円(2018年度版惣菜白書~拡大編集版~より)となり、ついに10兆円産業へと成長を遂...続きを読む

惣菜・中食

  • インタビュー

    2019新春の抱負:日本惣菜協会・佐藤総一郎会長 10兆円産業の使命を(2019.01.09)

     2018年は「台風による7月豪雨」や「北海道胆振東部地震」など多くの自然災害が発生致しました。被災された皆さまにお見舞い申し上げるとともに、早期の復興を心よりお祈り申し上げます。全国各地で会員の皆さまにおかれましては、被災地へのご協…

  • ニュース

    やまと豚の焼き豚と自社の煮物惣菜を組み合わせた焼き豚弁当。カロリーは500kcal目安だが、満足度は十分

    フリーデン、管理栄養士監修500kcal目安弁当が好評 肉と野菜バランスよく(2019.01.09)

     ブランド豚「やまと豚」およびその加工品を生産・販売するフリーデンが中食向けに企画・提案する「フリーデン管理栄養士監修500kcal目安弁当」が好評だ。

     同弁当は、生活習慣病予防のために成人の1日当たり摂取カロリーを、朝…

  • 決算

    ロック・フィールド、第2四半期は災害影響色濃く(2018.12.28)

     【関西】ロック・フィールドの19年4月期第2四半期決算は、台風や地震の大きな影響を受け、出店のメーンとなる百貨店・駅ビルの休業や静岡ファクトリーの停電に伴い、厳しい状況で推移した。そのような状況下で、旬の素材や調理法にこだわった高付…

  • ニュース

    カネテツデリカフーズ、4日間限定で「大漁 ほぼタラバガニ」発売(2018.12.28)

     【関西】カネテツデリカフーズは27日から4日間限定で「大漁 ほぼタラバガニ(7本・参考価格520円)」=写真=を発売している。これは9月に発売したタラバガニを再現した太く身が引き締まったカニ風味カマボコ「ほぼタラバガニ」を、鍋・カニ…

  • セミナー・催し物

    日本惣菜協会、初午いなりの日に販売イベント 19年2月11日開催(2018.12.21)

     日本惣菜協会(佐藤総一郎会長)は、2019年2月11日の「初午(はつうま)いなりの日」に惣菜専門店、コンビニエンスストア、スーパーなどと一丸となって日本食文化の伝承をアピールする販売イベントを実施する。

     今回のイベント…

  • セミナー・催し物

    いま注目2大テーマについて132人が熱心に学んだ

    日本惣菜協会、東海支部セミナーに132人が学ぶ(2018.12.17)

     【中部】日本惣菜協会東海支部は11月20日、「平成30年度 第2回東海支部セミナー」を名古屋市中区のホテル名古屋ガーデンパレスで開催し、惣菜業関係者ら132人が参加した。

     冒頭、酒井益幸支部長(ミノヤランチサービス社長…

  • 人事

    岩田食品、新社長に岩田晃明氏(2018.12.14)

     岩田食品は11月26日開催の臨時株主総会ならびに取締役会で、岩田晃明副社長の代表取締役社長昇任を決め、岩田功社長は代表取締役会長に就任した。

       *

     岩田晃明氏(いわた・てるあき)1978年11月21日生…

  • セミナー・催し物

    6日のグローバルキッズ飯田橋こども園での読み聞かせ会

    紀文、6保育園で本格展開 お正月絵本読み聞かせ会(2018.12.12)

     紀文は11月15日から今月6日までの日程で、東京都内の6保育園で「子どもたちに伝えたいお正月絵本読み聞かせ会」を開催した。これまで継続してきたお正月のコミュニケーション活動の一環で、企画規模では同社初の試み。首都圏・大阪を中心に保育…

  • ニュース

    志太勤一会長兼社長

    シダックスのコンビニエンス中食事業 きめ細かさで大手CVSに対抗(2018.12.10)

     シダックスは11月29日、東京都内で開催した2019年3月期第2四半期決算説明会で、コンビニエンス中食事業について「大型コンビニチェーンではできない、よりきめ細かなサービスを広げていきたい」(志太勤一会長兼社長)との考えを示した。<…

  • ニュース

    山東昭子食育調査会会長(中央)

    減塩食、継続難しい 自民党・食育調査会、武蔵野から意見聴取(2018.12.07)

     自民党の食育調査会は4日の会合で、日本栄養士会、日本食生活協会、武蔵野から減塩への取組みで意見聴取した。ライフステージ別の減塩指導などで食塩の摂取量は減少傾向となっているが、武蔵野の担当者からは塩分を減らした食事を消費者に継続させる…

  • 新設・移転

    セントラルフーズ、川崎に洋惣菜専門店オープン(2018.12.07)

     東急グループのセントラルフーズは11月29日、洋惣菜専門店「ローゼンハイム」をJR・京急川崎駅近隣商業施設のラゾーナ川崎プラザに出店した(写真)。月間売上げ目標として1000万円を掲げている。

     ローゼンハイムは東京都、…

  • セミナー・催し物

    力を合わせ、おせち料理に挑戦

    フジッコ、親子で黒豆おせち 料理教室に22人が参加(2018.12.07)

     【関西】フジッコは1日、おせち料理文化の次世代への伝承を目的に、おせち料理に欠かせない黒豆を題材にした第10回「親子で黒豆おせち料理教室」を本社パーティーキッチンで開催した。

     当日は6月に兵庫県篠山市で黒豆作付け、10…

  • ニュース

    紀文、ハローキティ尽くしのおせちセット発売(2018.12.05)

     紀文は25日から、ハローキティ尽くしの19年正月商品「初めてのおせちセット はろうきてぃ」=写真=を全国発売する。盛り付けるだけで手軽に2人向けのおせち料理が完成する。おせち初心者やこれから始める層に訴求する。カット済みのかまぼこ(…

  • セミナー・催し物

    平井浩一郎社長

    ヒライ、どんどんライス お米の感謝祭・新嘗祭開催(2018.11.30)

     【九州】ヒライグループのヒライ、どんどんライスは20日、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝した新嘗祭(にいなめさい)にちなんで、「平成30年ヒライお米の感謝祭・新嘗祭」を本社で開催し、同社幹部や米穀業者らが出席した。

     当日は…

  • 決算

    三輪幸太郎社長

    カネ美食品、19年2月期中間決算 ディスカウント商品も標的に業績向上目指す(2018.11.28)

     カネ美食品は20日、東京都内で開催した2019年2月期中間決算説明会で、経営・店舗環境の変化に伴い、これまでの高付加価値・高価格帯商品から「ディスカウント商品や売場づくりもターゲットにしていきたい」(三輪幸太郎社長)との考えを示した…

  • ニュース

    嶋裕之部長

    大塚食品、肉代替商品市場に参入 大豆ハンバーグ発売 健康志向へ訴求(2018.11.26)

     大塚食品は、伸長する肉代替商品市場に参入し、新たな風を吹かせる。肉を一切使用せず、大豆を使用したハンバーグ「ゼロミート デミグラスタイプハンバーグ」「同 チーズインデミグラスタイプハンバーグ」(※チーズのような豆乳クリームを使用)を…

  • ニュース

    菊池幸会長(右)と菊池光晃社長

    菊池食品工業、国内2工場でFSSC22000認証を取得(2018.11.26)

     菊池食品工業は15日、埼玉工場と函館工場において、食品安全マネジメントシステムの「FSSC22000」を認証取得したと発表した。これにより、食品安全管理を確保するとともに「従業員のモラルや意識向上、快適な職場空間などに寄与できる」(…

  • ニュース

    「薩摩芋あん栗きんとん」

    菊池食品工業、105周年記念で新7品 栗きんとんセットなど(2018.11.26)

     菊池食品工業は15日、今年の年末商戦における新商品を発表した。創業105周年記念として、あんの異なる3種類の栗きんとんを1パックにしたセット商品などをラインアップした。

     今回の新商品は7品目。鹿児島県産のサツマイモあん…

  • ニュース

    「ハマチの姿鮨かす漬」

    いなば糀善、「ハマチの姿鮨かす漬」16ヵ月かけ商品化(2018.11.26)

     【関西】鳥取市で多彩なかす漬けや姿寿司を製造するいなば糀善は、このほど「ハマチの姿鮨かす漬」の商品化に成功した。頭から丸ごと食べられる同品は、完成まで約16ヵ月かかる手間暇かかった逸品。乳酸発酵した、いわゆるなれ寿司ながら臭みがなく…

  • ニュース

    おせち市場、縮小の危機 原材料調達難が背景に(2018.11.26)

     おせち市場が縮小の危機にひんしている。おせちに使う原材料の調達難が背景にあり、元日に営業しないスーパーも出てくるなど、年々おせち売場もにぎわいを失いかけている。

     「当該年度に使う原材料をその年度に仕入れることが困難で、…

  • 連載

    大型旅客キャンペーン、ディスカバージャパンのポスター

    日本鉄道食文化の駅弁 誕生以来愛されて133年(下)戦後の駅弁 東京2020大会へ研さん(2018.11.26)

     日本の鉄道とともに歩んできた駅弁は、1885(明治18)年に誕生して133年目を迎える。2013年の「和食」の世界ユネスコ無形文化遺産登録で駅弁も脚光を浴び、日本の駅弁はグローバル化も進み、駅弁会社は海外の駅を拠点とした新たな市場開…