日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

「初午の日」浸透、商機創出へ いなり寿司で各社販促・売場作り

ニュース 2017.03.24 11501号 07面

浅草でスカイツリーを背景にいなり寿司の無料配布を実施【AR連動】専用アプリ「COCOAR2」をダウンロードし写真にかざすと、スマホ・タブレットで動画を見ることができます

 2月最初の午(うま)の日に、稲荷(いなり)神が降りてきたことを祝い、古来五穀豊穣(ほうじょう)や商売繁盛を祈願する「初午の日」にちなんだ取組みの浸透が、惣菜業界で進んでいる。「いなり寿司を食べて招福祈願」をキーワードに、催事の販促・売場作りによる商機創出へ向けて、新暦(2月12日)・旧暦(3月8日)に合わせ各メーカー・小売業はさまざまな取組みを行った。(小澤弘教)

 ●みすずコーポレーション、無料配布イベント SNS活用し若年層普及も

 油揚げやこうや豆腐など、伝統的大豆食品を...続きを読む

惣菜・中食