日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ヒットの予兆:マルハニチロ「至福の一皿」シリーズ 毎日誰かの記念日 世界の人気メニュー提案

統計・分析 2017.06.26 11548号 09面


 独自のロングライフチルド製法(現「おいしさ長持ち製法」)により、出来たてのような素材の食感や風味が楽しめるマルハニチロの「至福の一皿」シリーズ。そのコアコンセプトをロングライフチルド事業推進室事業推進課の大和田耕司課長は、“毎日が誰かのアニバーサリー”と表現する。今春の発売以降、配荷状況は計画通り順調。今後も夏・秋と新商品を投入し、売場定着と活性化を図る。大和田氏と開発担当の茶木貴光課長役(農学博士)に話を聞いた。

 当社がロングライフチルド事業に参入した大きな契機は、12年...続きを読む

惣菜・中食