冷凍食品特集

冷凍食品特集:昭和冷凍食品 独自ポジション獲得へ

冷凍・チルド 2021.11.29 12330号 08面

 昭和産業グループの粉関連業務用メーカー、昭和冷凍食品の今期1~9月業績は売上高が前年比微増、利益も微増となった。「ひとくちホットケーキ」をはじめ、今春から本格的に取り組んできた家庭用商品の拡販により、新たな売上げ・利益につながった。家庭用の新たな販路開拓で、来期への足掛かりができた。
 カテゴリー別に見ると、主力のプチケーキ「ひとくちホットケーキ」が好調で、量販店と生協ルートで導入が進んだ。自然解凍で使い勝手が良く、一口で食べることができるサイズで高

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 冷凍食品特集

    冷凍・チルド

     冷凍食品業界の21年は、新型コロナウイルスの影響による巣ごもり需要が継続したことで、家庭用冷食にとっては追い風、業務用冷食にとっては苦戦の年となった。ただ全体としては、前年比4~5%程度の市場拡大と予測する。利益面では […]

    詳細 >