全国学校給食週間特集

全国学校給食週間特集:学校給食用食品メーカー協会 災害時のサポート体制を

外食 2020.02.10 12011号 07面
左2番目から長島美保子氏、清久利和氏、山木一彦氏、平山直子氏

左2番目から長島美保子氏、清久利和氏、山木一彦氏、平山直子氏

山木一彦会長

山木一彦会長

 ●チームとして団結深める  学校給食用食品メーカー協会は1月22日、東京都内の椿山荘で新年祝賀会を開催し、今年は東京オリンピック・パラリンピックで日本が注目され、安全・安心でおいしい世界に誇る給食が注目されるチャンスの年でもあり、一層の学校給食チームの団結を深めた。  山木一彦学校給食用食品メーカー協会会長は懇親会で昨年の学校給食を振り返り、「千葉の館山では台風の後、学校給食ができない状態で簡易給食が長く続いた。一方で、年末には名古屋の学校給食がチープすぎるとニュースになり

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国学校給食週間特集

    全国学校給食週間特集

    外食

     日本の学校給食は3万0092校、925万2927人の児童生徒が年間約190回、延べ食数は約17億5805万食、保護者が負担する学校給食費(食材費)の月額は小学校平均4343円、中学校平均4914円で、食材費市場は492 […]

    詳細 >