全国学校給食週間特集

全国学校給食週間特集:2019年度学校保健統計調査(速報値)

外食 2020.02.10 12011号 07面

 ●裸眼視力1.0未満が過去最多  文部科学省は学校での幼児・児童および生徒の発育や健康の状態を明らかにすることを目的に、学校保健統計調査を1948年度から実施している。昨年12月に2019年度の速報を発表した。  全国の満5歳から17歳までの幼児、児童や生徒の一部を抽出し、身長・体重や健康状態(疾病・異常の有無)を調査した。  健康状態調査の結果は、裸眼視力1.0未満の者が小・中・高等学校で過去最多。耳疾患と判定された者は高等学校で過去最多。また、鼻・副鼻腔疾患と判定された

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国学校給食週間特集

    全国学校給食週間特集

    外食

     日本の学校給食は3万0092校、925万2927人の児童生徒が年間約190回、延べ食数は約17億5805万食、保護者が負担する学校給食費(食材費)の月額は小学校平均4343円、中学校平均4914円で、食材費市場は492 […]

    詳細 >