全国学校給食週間特集

全国学校給食週間特集:「これからの学校における食育の推進」文科省・清久氏講演

外食 2020.02.10 12011号 07面
清久利和氏

清久利和氏

 ◇文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課食育調査官・清久利和氏  ●6視点メーンに活動  学校給食用食品メーカー協会の新年懇親会の前に「これからの学校における食育の推進」のテーマで、文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課食育調査官の清久利和氏が講演を行い、「一人の100歩より100人の1歩」として食に関する指導(学校における食育)などについて語った。一部を紹介する。  食育の六つの視点は(1)食事の重要性(2)心身の健康(3)食品選択能力(4)感謝の心(5)社会性(6)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国学校給食週間特集

    全国学校給食週間特集

    外食

     日本の学校給食は3万0092校、925万2927人の児童生徒が年間約190回、延べ食数は約17億5805万食、保護者が負担する学校給食費(食材費)の月額は小学校平均4343円、中学校平均4914円で、食材費市場は492 […]

    詳細 >