冷凍食品特集

冷凍食品特集:昭和冷凍食品 新成型機で品揃え強化 来期は増産・拡販期す

冷凍・チルド 2019.11.29 11977号 10面
稼働した新ラビオリ成型機

稼働した新ラビオリ成型機

 昭和産業グループの粉関連業務用メーカー、昭和冷凍食品の今期1~10月業績は売上高が前年同期並み、営業利益は若干の減益で推移した。段階的な上昇基調にある物流費の圧迫が響いた。2大事業の冷凍パン生地と調理冷食は、ともに前年並みの売上げだった。冷夏など天候要因で6~7月には若干伸び悩んだ。  調理冷食のうち、ラビオリ・ワンタン類はわずかに前年割れ、プチケーキは10%超の伸びと依然好調、たこ焼きは2%増と堅調を維持、パンケーキ・ホットケーキは前年並み、たい焼き・今川焼きは北海道産小

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 冷凍食品特集

    冷凍・チルド

     冷凍食品業界の19年はさまざまな好・悪材料が入り混じり、全体として1.5%程度の市場成長は達成するとみられるが、利益面では引き続きやや苦戦といった年になりそうだ。最大の収益圧迫要因は物流費・保管料・人件費の上昇。また水 […]

    詳細 >