冷凍食品特集

冷凍食品特集:ケイエス冷凍食品 季節限定品認知拡大 シリーズ併売で底上げ奏功

冷凍・チルド 2019.11.29 11977号 11面
「国産鶏 鶏つくね串(照焼)」

「国産鶏 鶏つくね串(照焼)」

「しょうが入り 国産鶏 鶏つくね串(照焼)」

「しょうが入り 国産鶏 鶏つくね串(照焼)」

 【関西】ケイエス冷凍食品の19年1~10月業績は、家庭用が前年比3%増、業務用が同1%減、原料や包材、物流・人件費高騰の影響や価格競争の激化など、厳しい事業環境の中で、トータルでは同1%増と堅調だった。  家庭用では、同社の看板商品「国産鶏 鶏つくね串(照焼)」が単品で同3%増、昨秋から投入した季節限定の「同しそ入り」「同きんぴら入り」「同しょうが入り」と合わせたシリーズ合計では同10%増と好調に伸びている。季節限定品の認知度が徐々に拡大し、併売店舗も増加。シリーズ全体の販

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 冷凍食品特集

    冷凍・チルド

     冷凍食品業界の19年はさまざまな好・悪材料が入り混じり、全体として1.5%程度の市場成長は達成するとみられるが、利益面では引き続きやや苦戦といった年になりそうだ。最大の収益圧迫要因は物流費・保管料・人件費の上昇。また水 […]

    詳細 >