冷凍食品特集

冷凍食品特集:キーマンは語る=日本水産・中野博史氏、松島和浩氏

冷凍・チルド 2019.11.29 11977号 10面
中野博史 家庭用食品部長

中野博史 家庭用食品部長

松島和浩 執行役員食品事業副執行委嘱、業務用食品部長委嘱

松島和浩 執行役員食品事業副執行委嘱、業務用食品部長委嘱

 ◇家庭用食品部長・中野博史氏、執行役員食品事業副執行委嘱、業務用食品部長委嘱・松島和浩氏  ●家庭用=主力10品で販促を強化 業務用=通期は微増収・微増益  日本水産の4~9月期の単体・家庭用調理品(冷凍野菜含む)は、売上高が前年比3%増283億円で予算通り利益は物流費・人件費や水産・コメ原料価格の高止まりに加え、価格競争の影響で苦戦した。品目別では、米飯類が9%増、このうちおにぎり類が2桁増と好調で、“もち麦入り”新2品が上乗せした。惣菜類は35%増と高伸長で、鶏唐揚げが

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 冷凍食品特集

    冷凍・チルド

     冷凍食品業界の19年はさまざまな好・悪材料が入り混じり、全体として1.5%程度の市場成長は達成するとみられるが、利益面では引き続きやや苦戦といった年になりそうだ。最大の収益圧迫要因は物流費・保管料・人件費の上昇。また水 […]

    詳細 >