酪農・乳業新春特集

酪農・乳業新春特集:Jミルク 牛乳乳製品に関する食生活動向2020

乳肉・油脂 2021.01.18 12172号 07面

 ◆外出自粛など購入に影響 コロナ禍で喫食増も落ち着き
 Jミルクが実施した「牛乳乳製品に関する食生活動向調査2020」(1次調査速報)によると、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛やまとめ買いが購入頻度に影響を与えていることが分かった。毎日購入する層は依然として減少傾向にあり、購入しない層が増加した。購入量については「2L程度」以上で増加が見られ、これはコロナ禍による買い物回数の減少と、それに伴う大量購入が影響していると推察される。昨年度と比較

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 酪農・乳業新春特集

    酪農・乳業新春特集

    乳肉・油脂

     2021年の酪農・乳業界は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で生まれた新たな日常に対応した産業基盤を構築するための重要な1年を迎えそうだ。「ニューノーマル」の常態化で、牛乳・乳製品に対する消費者のマインドステージは大 […]

    詳細 >