酪農・乳業新春特集

酪農・乳業新春特集:牛乳乳製品消費動向=バター 在庫適正化へ対応重要

乳肉・油脂 2021.01.18 12172号 07面

 国内バター市場は家庭用が高い需要を維持している一方、業務用需要の落ち込みが激しく、今後の需給調整が焦点になりそうだ。酪農乳業団体Jミルクが20年9月25日に公表したバターの需給見通しでは、年度内国内生産量は7万0400tで前年を7.7%上回るとされ、推定出回り量は同6.0%減の7万6900t。年度末在庫量は同22.8%増の3万5300tと高水準で推移すると予想される。農林水産省は毎年5月と9月に年度全体の輸入枠数量を検証しているが20年度は緊急事態宣言などによる内需拡大で不

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 酪農・乳業新春特集

    酪農・乳業新春特集

    乳肉・油脂

     2021年の酪農・乳業界は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で生まれた新たな日常に対応した産業基盤を構築するための重要な1年を迎えそうだ。「ニューノーマル」の常態化で、牛乳・乳製品に対する消費者のマインドステージは大 […]

    詳細 >