中部外食・中食産業特集

中部外食・中食産業特集:健康増進法改正 20年4月1日、飲食店喫煙ルール変更

外食 2019.06.20 11895号 02面

 健康増進法の改正(2018年7月成立)に伴い、大型外食店などの対象店は、20年4月1日から飲食店の喫煙ルールが変わり、原則屋内禁煙もしくは喫煙専用室の設置が求められる。  飲食店での同法の対象店は、(1)資本金が5000万円超(2)客席面積が100平方m超(3)20年4月1日以降に新たに開業予定--の3点の条件にいずれかが該当する場合。ただし、たばこの煙が漏れないよう壁・天井などによって区画するなどの条件を満たした喫煙専用室を設置すれば、そこでだけ喫煙は可能となる。また、喫

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部外食・中食産業特集

    中部外食・中食産業特集

    外食

     外食産業の市場規模は、25兆6561億円(日本フードサービス協会〈JF〉の2017年度推計)。直近の外食産業の状況は、JF公表の全店売上高は、19年4月で前年比1.7%増と、32ヵ月連続前年を上回っている。業態別は、1 […]

    詳細 >