中部外食・中食産業特集

◆中部外食・中食産業特集:外食好調持続 32ヵ月連続前年超え

外食 2019.06.20 11895号 01面
好調な中部外食産業市場をけん引する名古屋駅周辺。同地区は拡大するインバウンド需要を見据えて宿泊ホテルの建設も進む

好調な中部外食産業市場をけん引する名古屋駅周辺。同地区は拡大するインバウンド需要を見据えて宿泊ホテルの建設も進む

 外食産業の市場規模は、25兆6561億円(日本フードサービス協会〈JF〉の2017年度推計)。直近の外食産業の状況は、JF公表の全店売上高(表2)は、19年4月で前年比1.7%増と、32ヵ月連続前年を上回っている。業態別は、表2の13ヵ月平均によると、パブレストラン・居酒屋は微減しているものの、ファストフード、ファミリーレストラン、ディナーレストラン、喫茶と多くの業態が前年を上回る。  実際、表1の主要企業別の推移を見ると、業態では回転寿司、ラーメン、牛丼が好調。ファミリー

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部外食・中食産業特集

    中部外食・中食産業特集

    外食

     外食産業の市場規模は、25兆6561億円(日本フードサービス協会〈JF〉の2017年度推計)。直近の外食産業の状況は、JF公表の全店売上高(表2)は、19年4月で前年比1.7%増と、32ヵ月連続前年を上回っている。業態 […]

    詳細 >