中部外食・中食産業特集

中部外食・中食産業特集:カネ美食品・園部明義社長 創業50周年迎え100年へ

惣菜・中食 2019.06.20 11895号 03面

 中食産業は、日本惣菜協会が5月15日公表した2018年の市場規模が示すよう、10兆2518億円と09年から9年連続拡大で2年連続の10兆円超えと好調が継続している。中部地区を代表する有力惣菜企業2社のトップに現在の状況から今後の方向性などを聞いた。      ◇  カネ美食品は1969年に創業、2020年2月期は創業50周年を迎え、次なる50年への新生カネ美食品のスタート年と位置づけている。5月下旬の定時株主総会と取締役会での承認を経て経営体制を刷新し、これまで社長として舵

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部外食・中食産業特集

    中部外食・中食産業特集

    外食

     外食産業の市場規模は、25兆6561億円(日本フードサービス協会〈JF〉の2017年度推計)。直近の外食産業の状況は、JF公表の全店売上高は、19年4月で前年比1.7%増と、32ヵ月連続前年を上回っている。業態別は、1 […]

    詳細 >