中部流通特集

中部流通特集:アルビス・池田和男社長 自慢の海産物、名古屋で人気

小売 2021.09.25 12297号 03面
池田和男社長

池田和男社長

アルビス本社(富山県射水市)

アルビス本社(富山県射水市)

「旅する弁当」は、ハワイの「ロコモコ」など種類が豊富

「旅する弁当」は、ハワイの「ロコモコ」など種類が豊富

愛知県1号店の「中村二瀬店」(名古屋市)

愛知県1号店の「中村二瀬店」(名古屋市)

一番人気は北陸の新鮮な海産物

一番人気は北陸の新鮮な海産物

 北陸地区を中心に63店舗を展開するアルビス(本社=富山県射水市)は、7月に名古屋市に愛知県1号店「中村二瀬店」を出店した。東海地区では美濃加茂店(岐阜県)に続く2店舗目で、開店当初から同社の強みである北陸の海産物が消費者に支持されている。当面は効率的な配送ができる東海北陸自動車道地域での出店を探り、北陸地区を代表するスーパーから中部のスーパーへと成長させる構えだ。売上高1000億円も見えてきた中、池田和男社長に今後の方針などを聞いた。(横山卓司)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部流通特集

    中部流通特集

    小売

     ●イオンの新事業フォーマットに注目 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が5日、無事閉幕した。開幕直前までさまざまな問題を抱えていたが、蓋を開けてみれば日本選手団の大健闘で列島は歓喜に沸いた。そのおかげで、 […]

    詳細 >