中部流通特集

中部流通特集:ジャパンプランツ 「フレッシュフラワーパック」開発

総合 2021.09.25 12297号 13面
「フレッシュフラワーパック」で密封した切り花

「フレッシュフラワーパック」で密封した切り花

 花卉(かき)総合商社のジャパンプランツ(本社岐阜市、熊崎重司社長)は、MAP(ガス置換)包装で切り花を密封して長持ちさせる「フレッシュフラワーパック」の開発にこぎ着けた。納品日から12~17日と長期の花持ち保証により店頭販売期間が延長でき、ロス対策にも貢献する。試験や改良を重ねて、今秋には大手コンビニエンスストア(CVS)に採用される予定だ。
 一般的に切り花の店頭販売期間は3~4日だが、同品は5~7日を可能にする。その後、開封して内封のメッシュ地ス

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部流通特集

    中部流通特集

    小売

     ●イオンの新事業フォーマットに注目 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が5日、無事閉幕した。開幕直前までさまざまな問題を抱えていたが、蓋を開けてみれば日本選手団の大健闘で列島は歓喜に沸いた。そのおかげで、 […]

    詳細 >