新春特集第1部

新春特集第1部:新春座談会=「キャリア活性化検討会」 持続可能な社会へ 自立型人材を育成

総合 2022.01.01 12343号 04面
右から久納氏、小林氏、黒川氏、新井氏、大門氏、後藤氏

右から久納氏、小林氏、黒川氏、新井氏、大門氏、後藤氏

大門咲子氏(ハウス食品グループ本社国際事業本部アセアン事業開発部事業開発課長)

大門咲子氏(ハウス食品グループ本社国際事業本部アセアン事業開発部事業開発課長)

後藤亜弓氏(J―オイルミルズ人事部人事戦略グループ兼人財開発グループマネージャー)

後藤亜弓氏(J―オイルミルズ人事部人事戦略グループ兼人財開発グループマネージャー)

黒川博子氏(キッコーマン経営企画室副参事)

黒川博子氏(キッコーマン経営企画室副参事)

小林悦子氏(マルハニチロコーポレートコミュニケーション部部長役)

小林悦子氏(マルハニチロコーポレートコミュニケーション部部長役)

2次元コードで1回目の提言「『キャリアの多様性と活性化』に関する考察とご提案」(キャリア活性化検討会、19年1月17日)にアクセスできます

2次元コードで1回目の提言「『キャリアの多様性と活性化』に関する考察とご提案」(キャリア活性化検討会、19年1月17日)にアクセスできます

2回目の提言「キャリア形成における『自立型人材』育成について」(キャリア活性化検討会、21年9月14日)にアクセスできます

2回目の提言「キャリア形成における『自立型人材』育成について」(キャリア活性化検討会、21年9月14日)にアクセスできます

◇有力食品企業女性の会「キャリア活性化検討会」

◆「社員との共創」提言

有力食品企業14社の将来を担う女性の会「キャリア活性化検討会」は、「昨今の社会変化の中で、キャリア形成の主体が企業から個人へと移ってきている」とした上で、「個人、企業、日本、世界と持続可能な社会を目指し、社員個人は自立したビジネスパーソンとして自らを磨き自分なりの軸を持って自律的にキャリア形成を行うことが企業価値向上につながっていく」として同食品企業の経営者らに社員との共創を提言した。

同提言は「キ

  • 新春特集第1部

    新春特集第1部

    総合

     世界的な脅威をもたらしたコロナ禍は産業のサプライチェーンも大きく揺るがしており、原油高、原材料高などさまざまなひずみを生じさせる一方で、社会生活のリモート化、非接触化など社会構造の急速な変化ももたらしている。新型コロナ […]

    詳細 >