清涼飲料特集

清涼飲料特集:数字で振り返る2019年生産量 5年ぶり前年比マイナス

飲料 2020.07.11 12079号 13面

 ●夏の記録的な天候不順が要因  2019年の清涼飲料の総生産量は2261万4900kl(前年比0.6%減)で、5年ぶりにマイナスになった。生産者販売金額は4兆0483億2400万円(同0.1%減)でほぼ前年並みだった。7月の記録的な天候不順や大型台風・豪雨被害がサプライチェーンに広範な影響を及ぼしたことで、生産量が伸び悩んだ。全国清涼飲料連合会が今春発表した19年(1~12月)の統計を基に、カテゴリー別の生産量や販売金額をまとめた。  清涼飲料市場の29.8%を占める「茶系

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 清涼飲料特集

    清涼飲料特集

    飲料

     上期の清涼飲料市場は、1~2月の時点で前年超えで推移していたが、3月から新型コロナウイルス感染拡大の影響が出始め、4月以降は大きな影響を受けることになった。そのような状況下で各社は、マーケティングプランの再構築に知恵を […]

    詳細 >