清涼飲料特集

清涼飲料特集:業界支える機械・資材・素材=小川香料 和柑橘の供給強化

飲料 2020.07.11 12079号 13面
全国生産量約98%を占める大分のカボス。飲料、食品、化粧品、サニタリー商品などさまざまな分野で活用を提案する

全国生産量約98%を占める大分のカボス。飲料、食品、化粧品、サニタリー商品などさまざまな分野で活用を提案する

 ●プレミアム素材で提案  小川香料はカボスやシークワーサーなど、国産の柑橘類(和柑橘)から抽出した天然香料やエキスの供給体制を強化する。プレミアム素材として炭酸飲料やフレーバーウオーター向けに売り込む。産地との連携も進め、農業や地方経済活性化への貢献も目指す。  19年8月に大分県と「香りに関する連携協定」を締結。同県佐伯市と「研究所設置協定」を締結し、カボスなどの県産農産物を利用した天然香料やエキス、アロマウオーターを開発した。  今春からは自社農園でカボスを栽培し、果実

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 清涼飲料特集

    清涼飲料特集

    飲料

     上期の清涼飲料市場は、1~2月の時点で前年超えで推移していたが、3月から新型コロナウイルス感染拡大の影響が出始め、4月以降は大きな影響を受けることになった。そのような状況下で各社は、マーケティングプランの再構築に知恵を […]

    詳細 >