新春特集第2部

◆新春特集第2部:新ビジネスの創造目指せ デジタル活用で革新を

小売 2022.01.01 12343号 29面
楽天と西友のロボットは商品を購入客宅へ自動配達する。公道走行で配達するのは国内スーパーで初の試み

楽天と西友のロボットは商品を購入客宅へ自動配達する。公道走行で配達するのは国内スーパーで初の試み

ファミリーマートが昨年3月に開店した「ファミマ!!サピアタワI/S店」は無人決済の実用店舗。無人決済システムの導入を1000店体制で目指す

ファミリーマートが昨年3月に開店した「ファミマ!!サピアタワI/S店」は無人決済の実用店舗。無人決済システムの導入を1000店体制で目指す

ヨークフーズ早稲田店ではバーチャル店員が売場や商品、施設を案内。従業員が対応する場合はスマートウォッチが振動して知らせ、スマートフォンで一次応答して連携操作する

ヨークフーズ早稲田店ではバーチャル店員が売場や商品、施設を案内。従業員が対応する場合はスマートウォッチが振動して知らせ、スマートフォンで一次応答して連携操作する

ファミリーマートの補充陳列ロボットはバックヤード内での飲料補充を24時間行うほか、店舗の販売実績データを学習して売れ筋に合わせて陳列する(ファミリーマートALFALINK相模原店)

ファミリーマートの補充陳列ロボットはバックヤード内での飲料補充を24時間行うほか、店舗の販売実績データを学習して売れ筋に合わせて陳列する(ファミリーマートALFALINK相模原店)

陳列棚の前面に設置した「シェルフサイネージ」で商品情報を配信(イオンスタイル横浜瀬谷)

陳列棚の前面に設置した「シェルフサイネージ」で商品情報を配信(イオンスタイル横浜瀬谷)

 新型コロナウイルスの影響は小売の店舗にデジタル技術の導入を大きく後押しした。人流の抑制、非接触が求められる中、キャッシュレス決済は浸透し、無人決済システムの導入も広がっている。同時にコロナ前から課題だった労働人口の減少に備えて、デジタル技術を活用した店舗作業の省人化、ロボットの導入による作業の自動化、デジタルサイネージやデータを活用した販促でも効率化の試みが進んでいる。そのほか自動配送ロボット(UGV)やドローン配送も実証実験を重ねて実運用に備え、社会課題解決と収益化も見据

  • 新春特集第2部

    新春特集第2部

    総合

     新型コロナウイルスの影響は小売の店舗にデジタル技術の導入を大きく後押しした。人流の抑制、非接触が求められる中、キャッシュレス決済は浸透し、無人決済システムの導入も広がっている。同時にコロナ前から課題だった労働人口の減少 […]

    詳細 >