マヨネーズ・ドレッシング特集

マヨネーズ・ドレッシング特集:九州メーカー動向=上質化商品で市場展開

調味 2021.02.19 12190号 08面

 ●手作業取り入れフレッシュ感
 九州地区のドレッシング市場は全国的な傾向と同様に、質量ともにキユーピーが市場をリードしているのには変わりないが、九州各社もそれぞれの特徴を打ち出し、定番売場に花を咲かせている。
 フンドーキンやピエトロが九州から発し、全国へと市場定着が図られたのはいずれも手作り手法や生醤油などを使用し、上質化商品としての位置付けで市場に展開したことにある。
 さらに九州各社は製造手法だけ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • マヨネーズ・ドレッシング特集

    マヨネーズ・ドレッシング特集

    調味

     ●家庭用伸長・業務用苦戦 野菜摂取・非サラダ活用に追い風 春野菜シーズンの到来とともに、マヨネーズ・ドレッシングが需要期を迎えている。両市場は近年、健康志向や旺盛な野菜摂取意向を背景に売場を拡大。20年も新型コロナ感染 […]

    詳細 >