滝椎戸寒の乾物日記(3)「勝魚節」食べて受験に勝つ

総合 連載 2022.02.14 12362号 03面
受験生が受験当日の朝、縁起の良い「勝魚節」をご飯に山ほどかけた「ネコまんま」を食べて出陣してくれることに期待したい

受験生が受験当日の朝、縁起の良い「勝魚節」をご飯に山ほどかけた「ネコまんま」を食べて出陣してくれることに期待したい

 ●受験と鰹節
 受験シーズン到来だ。
 僕は自分の大学受験には苦い経験がある。五つの大学を受験したが、最初に受験した同志社大学を滑って落ちたのだ。試験の前日に友人と二人で京都のホテルに宿泊し、明け方まで語り合ってほぼ徹夜したことを試験に落ちた言い訳にしている。初めての受験に柄にもなく緊張していたのかもしれない。
 わが家の一族は父も叔父貴たちも皆同志社の出身だったので、親戚からは「お前は親戚中の面汚しだ