近畿中四国業務用低温卸流通特集

近畿中四国業務用低温卸流通特集:名阪食品・清水克能社長 “食べたいから食べる”食を

惣菜・中食 2020.07.16 12082号 10面
清水克能社長

清水克能社長

「そふまる」の新商品ぶりの照焼き

「そふまる」の新商品ぶりの照焼き

 給食サービスと介護食メーカーとしての顔を持つ名阪食品。介護食は“寄り添う”ことが最重要として、高品質な介護食を提供する清水克能代表取締役社長に話を聞いた。(篠原里枝)  ●キラッと光る時短献立提供  介護食は開発者、販売者、購入者が食べる食事ではない。介護される側になって初めて食べ、真価が分かる。そのためには介護される人に寄り添うことが重要だ。介護食は、その味の評価が利用者の食べるスピードや食べる量となって表れる。シズル感と味にこだわる当社の「そふまる」は、これまでの介護食

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 近畿中四国業務用低温卸流通特集

    卸・商社

     ◆消費者対応 求められる迅速判断  世界が新型コロナウイルス感染症のパンデミックにさらされた2020年。業務用市場は翌年に迫る東京2020大会に向けて拡大成長への期待を描いた19年から一変した。コロナ波はインバウンド需 […]

    詳細 >