近畿中四国業務用低温卸流通特集

近畿中四国業務用低温卸流通特集:酒類業界動向=居酒屋やバー応援

酒類 2020.07.16 12082号 08面

 ●“持ち帰り可”POP作成  新型コロナウイルス感染拡大を受け、居酒屋やバーなど飲食店では営業自粛要請が出るなどして苦境に立たされた。一方国税庁が飲食店に新たに「期限付酒類小売業免許」の付与を始めたほか、飲食店ではテークアウトで窮地をしのぐ動きが活発化。取引企業からはこうした動きを支援する取組みが見られた。  ワイン輸入商社のモトックス(大阪府東大阪市)は、国税庁が飲食店に持ち帰り用として在庫酒類を販売できるよう、新たに「期限付酒類小売業免許」の付与を始めたことを受け、飲食

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 近畿中四国業務用低温卸流通特集

    卸・商社

     ◆消費者対応 求められる迅速判断  世界が新型コロナウイルス感染症のパンデミックにさらされた2020年。業務用市場は翌年に迫る東京2020大会に向けて拡大成長への期待を描いた19年から一変した。コロナ波はインバウンド需 […]

    詳細 >