近畿中四国業務用低温卸流通特集

近畿中四国業務用低温卸流通特集:量販店動向=即食離れ長期化も 高まる内食需要が影響

小売 2020.07.16 12082号 08面
需要や消費ニーズの変化に対応

需要や消費ニーズの変化に対応

 日本食糧新聞関西支社は関西地区を基盤とする有力スーパー4社のイズミヤ、関西スーパーマーケット、平和堂、ライフコーポレーション(近畿圏)に惣菜部門に関するアンケートを実施し、「売れ筋トップ10」(別表)を集計した。19年度実績を見ると、売れ筋商品は、定番の寿司・米飯類、お好み焼、コロッケ・フライに加えて、チキンを中心とした肉惣菜などがトップ10にランクインしている。  19年度商戦については、米飯類は前年同様好調に推移している。国内惣菜市場規模も毎年拡大しており、女性の社会進

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 近畿中四国業務用低温卸流通特集

    卸・商社

     ◆消費者対応 求められる迅速判断  世界が新型コロナウイルス感染症のパンデミックにさらされた2020年。業務用市場は翌年に迫る東京2020大会に向けて拡大成長への期待を描いた19年から一変した。コロナ波はインバウンド需 […]

    詳細 >