中部外食・中食産業特集

中部外食・中食産業特集:サガミHD 第1四半期44%減収 テークアウト販売強化

外食 2020.09.17 12115号 03面

 サガミホールディングス(HD)の21年3月期第1四半期決算は、売上高が36億9400万円(前年比44.2%減)、営業損失が13億8700万円、経常損失が13億9100万円、純損失が14億1500万円となった。特別損失として、店舗臨時休業による損失3842万円を計上している。  要因は、継続的な労働需給のひっ迫による人件費上昇、食材価格の高騰などに加え、新型コロナウイルス感染症拡大による政府からの緊急事態宣言や自治体からの外出自粛要請に伴う営業自粛・営業時間短縮など多くの店舗

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部外食・中食産業特集

    中部外食・中食産業特集

    外食

     ●テークアウトは認知度向上がカギ 外食産業界は7月中旬まで着実に回復傾向にあった。しかし、7月半ばからコロナが再び猛威を振るい始め、客数が再び下降し、依然店舗飲食形態は先の見通せない状況となっている。一方、中食産業の市 […]

    詳細 >