中部外食・中食産業特集

中部外食・中食産業特集:三島食品 個食用など新規開拓

外食 2020.09.17 12115号 04面
「ゆかり」発売50周年で関連企画も

「ゆかり」発売50周年で関連企画も

 ●「ゆかり」発売50周年  三島食品名古屋支店業務用部門の1~7月累計売上げは、前年と比べ若干下回った。要因は新型コロナウイルスの影響が大きく、市販用は前年を上回ったが、業務用は苦戦した。特に外食・ホテルなどの宿泊施設が大きくマイナスとなった。  主力の学校給食は3~5月は学校が休校になったことで売上げが大きく減少した一方、病院や施設の売上げは前年並みに推移した。  8月以降について、コロナ禍の中で、学校給食など個食用のニーズがあり、ふりかけ・練りペースト品など“おかずの和

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部外食・中食産業特集

    中部外食・中食産業特集

    外食

     ●テークアウトは認知度向上がカギ 外食産業界は7月中旬まで着実に回復傾向にあった。しかし、7月半ばからコロナが再び猛威を振るい始め、客数が再び下降し、依然店舗飲食形態は先の見通せない状況となっている。一方、中食産業の市 […]

    詳細 >