中部外食・中食産業特集

中部外食・中食産業特集:木曽路 多様な業態幅広く 10月、「木曽路」新3店舗

外食 2020.09.17 12115号 03面

 木曽路は名古屋市昭和区に本社を構え、前年度(20年3月期)売上高は439億2400万円、店舗数は全国に173店舗(同年4月30日現在)と外食産業界に大きな存在感を発揮している。  事業内容は、しゃぶしゃぶ・日本料理の「木曽路」(123店舗)をはじめ、居酒屋の「素材屋」(11店舗)、和食しゃぶしゃぶ「鈴のれん」(6店舗)、鶏料理「とりかく」(9店舗)、焼肉「じゃんじゃん亭」(15店舗)、ワイン食堂「ウノ」(1店舗)、九州料理「ここの」(2店舗)、からあげ専門店「からしげ」(4

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部外食・中食産業特集

    中部外食・中食産業特集

    外食

     ●テークアウトは認知度向上がカギ 外食産業界は7月中旬まで着実に回復傾向にあった。しかし、7月半ばからコロナが再び猛威を振るい始め、客数が再び下降し、依然店舗飲食形態は先の見通せない状況となっている。一方、中食産業の市 […]

    詳細 >