中部外食・中食産業特集

中部外食・中食産業特集:惣菜市場の伸長続く 19年は0.7%増の10兆3200億円超

惣菜・中食 2020.09.17 12115号 02面
遠鉄ストア西伝寺店惣菜売場

遠鉄ストア西伝寺店惣菜売場

フードマーケットマム高松店の人気1位「手鍋使用の自家製カツ丼」

フードマーケットマム高松店の人気1位「手鍋使用の自家製カツ丼」

 日本惣菜協会が発行する「惣菜白書2020」によると、国内での19年の惣菜市場規模は前年比0.7%増の10兆3200億4300万円。同市場は2017年に10兆円を突破。10年前と比較すると27.3%増と、食品業界全体で突出した伸長率を誇る。伸長要因は高齢化の進行と核家族や共働き世帯の増加といった社会構造の変化に伴い惣菜利用が変化したことが挙げられる。  同協会では惣菜を「市販の弁当や惣菜など、家庭外で調理・加工された食品を家庭や職場・学校・屋外などに持ち帰って、調理加熱するこ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部外食・中食産業特集

    中部外食・中食産業特集

    外食

     ●テークアウトは認知度向上がカギ 外食産業界は7月中旬まで着実に回復傾向にあった。しかし、7月半ばからコロナが再び猛威を振るい始め、客数が再び下降し、依然店舗飲食形態は先の見通せない状況となっている。一方、中食産業の市 […]

    詳細 >