中部外食・中食産業特集

中部外食・中食産業特集:極洋 真ダイを産地活締め

外食 2020.09.17 12115号 04面
「だんどり上手 真鯛切身(骨なし)」

「だんどり上手 真鯛切身(骨なし)」

 ●期待高まるチルド出荷  極洋の今期は、中期経営計画「Change Kyokuyo 2021」の最終年度。水産商事部門は質の高い水産物の安定供給と魅力ある提案を、冷凍食品部門は直系工場製品と簡便・即食製品の販売拡大などで支社売上高220億円を目指す。  今期からクロシオ水産が極洋グループとなり、高知県の南側に位置する泊浦湾で温暖な黒潮の影響を受けて育成されたこだわりの真ダイを産地で活締めしたチルド出荷の提案が可能となり、得意先の期待も高まっている。  商品は「真鯛ラウンド(

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部外食・中食産業特集

    中部外食・中食産業特集

    外食

     ●テークアウトは認知度向上がカギ 外食産業界は7月中旬まで着実に回復傾向にあった。しかし、7月半ばからコロナが再び猛威を振るい始め、客数が再び下降し、依然店舗飲食形態は先の見通せない状況となっている。一方、中食産業の市 […]

    詳細 >