中部外食・中食産業特集

中部外食・中食産業特集:ブロンコビリー 来店機会の創出図る

外食 2020.09.17 12115号 03面

 ●下期は「ステーキ祭り」  ブロンコビリーの20年12月期第2四半期決算は、売上高が77億2300万円(前年比30.7%減)、営業利益が-4億8700万円、経常利益-4億4900万円、当期純利益-8億6600万円と新型コロナウイルス感染対策による休業などもあり、07年の上場以来初の赤字。総店舗数は133となっている。  2~6月に営業時間の短縮や休業により客数が減少。さらに緊急事態宣言の発令で、約6割の店舗は4月に23日間休業したことなどが挙げられる。  また、特別利益とし

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部外食・中食産業特集

    中部外食・中食産業特集

    外食

     ●テークアウトは認知度向上がカギ 外食産業界は7月中旬まで着実に回復傾向にあった。しかし、7月半ばからコロナが再び猛威を振るい始め、客数が再び下降し、依然店舗飲食形態は先の見通せない状況となっている。一方、中食産業の市 […]

    詳細 >