漬物特集

漬物特集:中間流通トップインタビュー 品目・業態で明暗

農産加工 2021.06.26 12249号 02面

 ●量販店向けは総じて好調 EC・輸出にも活路
 20年の漬物業界は、量販店向けについては総じて好調に推移した。業界努力もあり、発酵食品として認知度が高まった。中でもキムチは販売金額、数量とも瞬間的には前年比40~50%増にまで拡大した。原料価格が落ち着いた20年秋から21年春にかけては利益商材となったが、21年は裏年となり、前年クリアは難しいと思われる。一方、ここ数年凶作に見舞われた梅は、豊作が期待されている。新ものが出回る時期には積極的な販売ができ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 漬物特集

    漬物特集

    農産加工

     ●食料産業局長賞は匠洛庵「京五色漬」と新進「3種のきのこのガーリックコンフィ」 審査委員特別賞2、金賞8作品 全日本漬物協同組合連合会(全漬連)が主催、日本食糧新聞社が特別協力する漬物グランプリ2021の最終審査会(決 […]

    詳細 >