漬物特集

漬物特集:梅動向=我慢の販売続く 今年の生育状況は順調

農産加工 2021.06.26 12249号 07面
収穫のピークは6月中旬から下旬

収穫のピークは6月中旬から下旬

 昨年、歴史的な大凶作に見舞われた紀州梅干し業界。今年の生育状況はここまで順調だが、新物に切り替わる端境期までは積極的な販促をかけられず、我慢の販売を強いられている。
 2020年の和歌山県内の梅収穫量は4万1300tで、作柄が悪かった19年と比べても3割近く減少し、1993年以降で最少となった。暖冬により貯蔵養分が少ないまま開花を迎え、さらに開花期に低温が続いたことでミツバチの活動が停滞するなど受粉環境が悪く、着果状況が芳しくなかった。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 漬物特集

    漬物特集

    農産加工

     ●食料産業局長賞は匠洛庵「京五色漬」と新進「3種のきのこのガーリックコンフィ」 審査委員特別賞2、金賞8作品 全日本漬物協同組合連合会(全漬連)が主催、日本食糧新聞社が特別協力する漬物グランプリ2021の最終審査会(決 […]

    詳細 >