コメビジネス最前線特集

コメビジネス最前線特集:卸動向=木徳神糧 競争力を強め収益力の向上に全力

農産加工 2021.04.21 12218号 08面

 木徳神糧は今期(12月期決算)、コロナ禍の業務用米需要低迷で、4200万円の営業損失を計上した前期から一転、仕入れ構造改革や精米コスト削減を通じて競争力を強め、収益力向上に全力を挙げる。
 仕入れ改革では業務用米の需給ミスマッチ解消に向け、生産コスト削減が図れる多収穫米品種を拡大する。生産者と実需を結んで長期的に取り組む「にじのきらめき」「つきあかり」など多収・良食味品種の扱い量は20年、6000tに上ったが、21年は8000t、近い将来1万2000

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • コメビジネス最前線特集

    コメビジネス最前線特集

    農産加工

     ●ロングライフチルド惣菜参入も 米穀業界は、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や海外観光客の減少で、業務用米中心の需要減に苦悩している。 農林水産省が公表した、20年の米穀販売事業者での販売数量では、小売事業者向 […]

    詳細 >