中部流通特集

中部流通特集:即席麺動向 19年度価格改定も数量伸びず

小麦加工 2020.03.26 12030号 08面

 ●消費増税で節約志向強まる  2019年度の即席麺業界の重大ニュースは4年ぶりとなる価格改定であった。原材料や資材価格に加え、製造労務費・物流費・人件費などのコスト増加を自助努力だけで吸収することが困難となり下された決断で、需要停滞は一時的であると予測されたが、その後に消費増税が実施されたことで、消費者の節約志向はより強まる結果となった。そのため、価格ベースでは価格改定の効果で前期比増となるも、数量ベースでは昨年を割る商品が散見され、今後の各社方針もさまざまだ。(立川大介)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部流通特集

    小売

     今年度は、令和として祝賀ムードを期待したが、5月のゴールデンウイーク10連休の小売業界不調に始まり、上期は老後2000万円問題などによる消費の引き締め、秋は異常気象や災害による店舗休業、冬場の暖冬などのマイナス要因をは […]

    詳細 >