泉州・堺ええとこやさかい特集

総合 2019.12.12
泉州・堺ええとこやさかい特集

 ●百舌鳥古墳群と古市古墳群ユネスコ世界文化遺産登録 食産業の商機に
 新たな元号がスタートした今夏、大阪府下3市にまたがる「百舌鳥古墳群と古市古墳群」が大阪で初めてユネスコ世界文化遺産に登録された。敷地面積最大で世界3大墳墓に数えられる仁徳天皇陵が座する堺市は、戦国時代に自由・自治都市として繁栄を極めた。南蛮貿易で新しい文化を積極的に取り入れた街には、当時の風土や食文化が今も色濃く残っている。日本は今、世界中の旅行者に注目されている。日本食ブームも手伝い、訪日外国人は7年連続で増加している。18年は3119万人、このうち来阪者数は1141万人で、同世界遺産登録を機にその数は今後も増えるだろう。インバウンドに向けた食の発信、さらにはアウトバウンドでの可能性を見込み、泉州・堺地区の食産業にフォーカスする。(関西支社取材班)