漬物特集

漬物特集:中間流通トップインタビュー 内食需要に落ち着き

農産加工 2022.06.23 12419号 02面

 21年の漬物業界は、量販向けで20年の特需には及ばないにしても内食需要が継続し、反動減はそこまで大きくなかったとみられる。漬物業界の努力に加え、免疫力向上意識や健康志向の高まりを追い風に発酵食品としての認知度の浸透が進んだように思われる。22年に入ってからは街中に人が戻りつつあり業務用の回復が期待できる一方、量販向けは前年超えが厳しい見込み。各種コスト高で苦しい状況も続くが、独自性ある商品の開発やSNS、EC(電子商取引)活用などあらゆる角度から新しい提案をしていきたい。東

  • 漬物特集

    漬物特集

    農産加工

     全日本漬物協同組合連合会(全漬連)が主催、日本食糧新聞社が特別協力する「漬物グランプリ2022」の結果発表・各賞表彰式が4月29日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で実施された。法人の部グランプリには若菜の「真鯛のミル […]

    詳細 >