緑茶特集

緑茶特集:産地動向=静岡 上流山間部で高品質茶葉栽培

飲料 2021.12.13 12336号 07面

 静岡県のお茶は安倍川、大井川、天竜川の上流付近の山間で栽培される茶葉が高品質とされる。
 大きな川の上流の山間で、栽培することで昼夜の温度差が大きく、特に霧が発生しやすいことで日照時間も短く、じっくり育成する。そのため、アミノ酸が多く含まれた上質の茶葉ができる。品種としては「やぶきた」が現在は主流となっている。
 さらに静岡のお茶は品質にこだわっている。「毎年4~5月に摘む一番、二番茶をメーンに、一つの芽とそのすぐ下にある2枚

  • 緑茶特集

    緑茶特集

    飲料

     ウィズコロナとなった21年のお茶の最需要期が到来した。20年は、巣ごもり需要拡大により、リーフ茶の消費量・支出額ともに増加し、微減傾向が続いていた同市場に光が差したが、21年はその伸長が一服した形だ。(本吉卓也)

    詳細 >