緑茶特集

緑茶特集:九州地区動向=南九州市茶業振興会 知覧茶のブランド育成

飲料 2021.12.13 12336号 10面
アンバサダースクールをオンラインで開催

アンバサダースクールをオンラインで開催

 南九州市茶業振興会は知覧茶ブランディングに関して、大産地であるがゆえに価値訴求の難しさを感じている。ドリンク原料としての用途も供給スタイルとして重要。一方で、それ以外で飲んでもらうシーンをいかに増やしていくかも模索する必要があるとしている。
 歴史をさかのぼると、約50年前に当時の知覧茶生産者たちが、ブランディング手法を聞くため、静岡、狭山、宇治といった、当時すでに知名度の高かった産地を訪問。現地では、「全国茶品評会での日本一獲得」の重要性を説かれた

  • 緑茶特集

    緑茶特集

    飲料

     ウィズコロナとなった21年のお茶の最需要期が到来した。20年は、巣ごもり需要拡大により、リーフ茶の消費量・支出額ともに増加し、微減傾向が続いていた同市場に光が差したが、21年はその伸長が一服した形だ。(本吉卓也)

    詳細 >