緑茶特集

緑茶特集:産地動向=京都 急がれる土産物需要の回復

飲料 2021.12.13 12336号 07面

 農林水産省が8月に発表した「茶をめぐる情勢」によると、京都地区の茶の栽培面積は全国4位の1560ha荒茶生産量は同5位の2360tとなっている。茶の種類では玉露、てん茶の生産が同2位の状況だ。
 農家1戸当たりの栽培面積は2005年(販売農家1戸当たり)では1.1haだったが、20年(個人経営体当たりの栽培面積)には1.6haと増加している。
 茶農家1戸当たりの栽培面積が拡大していることを数字でも示している。

  • 緑茶特集

    緑茶特集

    飲料

     ウィズコロナとなった21年のお茶の最需要期が到来した。20年は、巣ごもり需要拡大により、リーフ茶の消費量・支出額ともに増加し、微減傾向が続いていた同市場に光が差したが、21年はその伸長が一服した形だ。(本吉卓也)

    詳細 >