緑茶特集

緑茶特集:SMバイヤーに聞く=マックスバリュ東海・水谷理絵氏 クロスMDで提案

飲料 2021.12.13 12336号 06面
水谷理絵グロサリーバイヤー

水谷理絵グロサリーバイヤー

マックスバリュ東海裾野店内のお茶売場

マックスバリュ東海裾野店内のお茶売場

 ◇マックスバリュ東海・水谷理絵グロサリーバイヤー
 ●飲用以外の用途を広げる
 コロナ禍を経てお茶の消費は、大容量タイプとプレミアム系商品に大きく分かれている。特に、お茶のカテキン効果による健康志向から普段使いのティーバッグ、「プチぜいたく用」のリーフがけん引している。
 リーフに関しては、当社で企画した留め型商品2種類を10月に発売した。掛川市の緑茶メーカーと直接取引することで、業界で権威のある天皇杯

  • 緑茶特集

    緑茶特集

    飲料

     ウィズコロナとなった21年のお茶の最需要期が到来した。20年は、巣ごもり需要拡大により、リーフ茶の消費量・支出額ともに増加し、微減傾向が続いていた同市場に光が差したが、21年はその伸長が一服した形だ。(本吉卓也)

    詳細 >