中部外食・中食産業特集

中部外食・中食産業特集:きゅうざい・小川眞也社長 地域に根差した取組みを

卸・商社 2020.11.27 12152号 08面

 ●県内品掘起こし自治体で好評
 きゅうざいの前年度(20年7月期)概況は、強化してきたキッズ市場が順調に拡大するなど、上期売上高は前年比3%増と順調に拡大したが、下期はコロナの影響で特に主力業態の一つ学校給食の3~5月の休校で2割減少となり、通期売上高は46億5000万円と前期比7%減で着地した。
 業態別取組みは、学校給食(小中学校、保育施設)は、地元卸としての強みである地域食材の提案や小回りを利かせた配送、迅速な対応を評価

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部外食・中食産業特集

    中部外食・中食産業特集

    外食

     外食産業界は、20年2月までは、好景気やインバウンド効果で、多くの単月で前年同月比を上回っていたが、新型コロナウイルスにより、学校の休校、外出自粛、外食店の営業自粛など、さまざまな影響を受け、食の需要が内食にシフトし、 […]

    詳細 >