中部秋季特集

中部秋季特集:包装資材=リスパック・大松栄太社長 3年後、バイオ容器35%へ

機械・資材・IT 2021.11.25 12328号 05面
大松栄太社長

大松栄太社長

加西市に建設する新工場(完成予定図)

加西市に建設する新工場(完成予定図)

 リスパックは、世間がSDGsを話題にする前の2005年からバイオ素材の開発、拡充に取り組んできた。前期(21年3月期)終了時に容器販売の25%がバイオ容器に切り替わったが、3年後には35%まで構成比を引き上げる方針だ。大松栄太社長に現状と展望を聞いた。(文責・横山卓司)

 --食品包装容器を取り巻く環境は。
 大松 今年に入り、食品容器の需要は高まってきている。当社の今期上期

  • 中部秋季特集

    中部秋季特集

    総合

     新型コロナウイルス感染者の数が激減している。感染メカニズムの全容が解明されておらず「第6波」が襲ってくる不安感は拭えないが、10月下旬から飲食店の時短要請が解除されて街ににぎわいがじわりと戻りつつある。名古屋市内では、 […]

    詳細 >