中部秋季特集

中部秋季特集:コープいしかわ・大谷学理事長 組合員とつながり強化

小売 2021.11.25 12328号 14面
コープいしかわ・大谷学理事長

コープいしかわ・大谷学理事長

買い物困難地域を巡回する移動スーパー「コポ丸便」

買い物困難地域を巡回する移動スーパー「コポ丸便」

職員が出演して商品情報を楽しく紹介する動画を作成

職員が出演して商品情報を楽しく紹介する動画を作成

 2020年から続く新型コロナウイルスによる外出自粛の影響は21年も続いている。消費者は内食需要の高まりで、安全・安心を求める中、宅配事業で基盤を築く生協の利用を増やしている。食品だけでなく、非食品や衣料品も例年にない伸びを見せる。また、店舗事業は、来年春に3号店が石川県小松市に出店する。さらに、移動スーパー「コポ丸便」も好評だ。そこで、コープいしかわの大谷学理事長に、前期概況や今期状況、下期の取り組みなどを聞いた。(文責・藤田順也)

  • 中部秋季特集

    中部秋季特集

    総合

     新型コロナウイルス感染者の数が激減している。感染メカニズムの全容が解明されておらず「第6波」が襲ってくる不安感は拭えないが、10月下旬から飲食店の時短要請が解除されて街ににぎわいがじわりと戻りつつある。名古屋市内では、 […]

    詳細 >