中部秋季特集

中部秋季特集:味噌・醤油 新領域展開への模索続く

味噌・醤油 2021.11.25 12328号 06面

 味噌・醤油メーカーに聞く今年度の上期業績は、市販用が前年春先に起こった内食需要の急増の反動と特売回数の減少によるカップやピローの落ち込みが響き、軒並み苦戦を強いられた。業務用も、いまだ見通しが立たぬ中で前年を下回るケースが多い。7月ごろから生じた大豆価格の高騰も各社の頭を悩ませる大きな課題だ。
 核家族や単身世帯の増加に加えて、共働きといったライフスタイルの変化といった近年の潮流は味噌・醤油にも影響を与える。需要は、こだわった上質商品と費用対効果の良

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 中部秋季特集

    中部秋季特集

    総合

     新型コロナウイルス感染者の数が激減している。感染メカニズムの全容が解明されておらず「第6波」が襲ってくる不安感は拭えないが、10月下旬から飲食店の時短要請が解除されて街ににぎわいがじわりと戻りつつある。名古屋市内では、 […]

    詳細 >