中部外食・中食産業特集

中部外食・中食産業特集:大光・金森武社長 ネットショップが好調

卸・商社 2022.03.30 12380号 10面

 ●厳しい時こそ外食をサポート
 大光の今期(22年5月期)第2四半期業績は、売上高が前年比5.8%減の261億8400万円、営業損失が2億500万円(前年は営業利益4800万円)だった。想定以上に新型コロナの影響が長引き、主要販売先の外食産業で厳しい経営環境が続いたのが上半期業績の主な要因だ。
 セグメント別で見ると、外商事業は居酒屋、レストラン、ホテルなど外食業態向けの販売不振が響き売上高が前年比7.6%減の153億8500

  • 中部外食・中食産業特集

    中部外食・中食産業特集

    総合

     新型コロナウイルス感染症が全国に広がり、2年を超えてもなお続く状況となっている。真っただ中の2021年外食産業界を振り返ると、日本フードサービス協会の外食産業市場動向調査によれば、年間の外食全体の売上げは、前年比1.4 […]

    詳細 >