介護食品特集

介護食品特集:藏ウェルフェアサービス「しあわせのスープ・にんじんのスープ」

惣菜・中食 2019.07.26 11914号 13面
「しあわせのスープ・にんじんのスープ」

「しあわせのスープ・にんじんのスープ」

藤岡和子社長

藤岡和子社長

 ◇第5回「介護食品・スマイルケア食コンクール」入賞企業の取組み
 ●高齢者給食に高級フレンチを
 【関西】藏ウェルフェアサービス(藏WFS)の「しあわせのスープ」は増粘剤を使わずに、フランス料理の技法と野菜の持つ自然な力で極限までとろみを引き出したスープ。指定産地の野菜や具材を、塩以外の調味料は使わずに時間をかけてじっくり炊き上げ、増粘剤なしで嚥下が困難な人でも口に入れるとすっと食道へと流れる滑かさを出した。商品化後、すぐに第

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 介護食品特集

    介護食品特集

    総合

     今年は、介護食が誕生して35年だ。1984年、特別養護老人ホーム「潤生園」(神奈川県小田原市)で重度認知症の人が口から食べることができる、栄養価の高いミルクをゼラチンで固めた「ソフトな救命プリン」が開発された。これが、 […]

    詳細 >