介護食品特集

介護食品特集:テーブルマーク「ひじきと野菜の豆腐揚げ」など2品

惣菜・中食 2019.07.26 11914号 09面
ひじきと野菜の豆腐揚げ

ひじきと野菜の豆腐揚げ

多原規剛マーケミックス部業務用商品戦略チームチームリーダー

多原規剛マーケミックス部業務用商品戦略チームチームリーダー

 ◇第5回「介護食品・スマイルケア食コンクール」入賞企業の取組み
 ●健康訴求も見た目とおいしさも
 テーブルマークの「ひじきと野菜の豆腐揚げ」は、健康食品であるふっくらとやわらかい豆腐にヒジキ、枝豆、ニンジン、玉ネギを混ぜ、彩り豊かに見た目もよく栄養バランスもよく仕上げた業務用冷凍食品で主菜・副菜向けである。
 「味がしっかりと付いているので素揚げ、天ぷら、あんかけなど複数のメニュー提供が可能な商品で、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 介護食品特集

    介護食品特集

    総合

     今年は、介護食が誕生して35年だ。1984年、特別養護老人ホーム「潤生園」(神奈川県小田原市)で重度認知症の人が口から食べることができる、栄養価の高いミルクをゼラチンで固めた「ソフトな救命プリン」が開発された。これが、 […]

    詳細 >