九州食品産業特集

九州食品産業特集:富士甚醤油 第2工場の計画も

味噌・醤油 2020.06.29 12073号 21面
本社社屋

本社社屋

渡邉規生社長

渡邉規生社長

焼肉のたれこってりおろし味

焼肉のたれこってりおろし味

 富士甚醤油は昨年、醤油味噌以外の加工調味料を製造するサンアスベルフーズを体内化し、同一敷地内に建設された本社事務棟との連動で、営業と生産が一体化が進んだ。互いのコミュニケーションが円滑化し、仕事の一元化、ロス削減の効果が現れ始めている。体内化では総務経理の合同による人員の省力化が進み、他部門への人的活用も試みている。需要拡大に対応し、中期的には第2工場の建設も計画してる。  営業部門でも幹部の若返りが進み、今までの販売のあり方や支店、営業所などの最適化など販売体制の再構築を

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 九州食品産業特集

    九州食品産業特集

    総合

     農林水産省によると、2018年の全国、九州農業の産出額は全国で9.1兆円、九州で1.8兆円で、九州における全国シェアは19.6%となっている。ブロック別シェアでは関東27.3%に次ぎ、以後東北、北海道と続く。  都道府 […]

    詳細 >