九州食品産業特集

九州食品産業特集:ニビシ醤油 輸出の可能性拡大

味噌・醤油 2020.06.29 12073号 20面
瓶詰工場

瓶詰工場

末松繁雄社長

末松繁雄社長

然舎シリーズ「然舎焙煎飛魚だし」

然舎シリーズ「然舎焙煎飛魚だし」

 ニビシ醤油は昨年、社内改革の一環として営業企画室を新設し、商品開発もこの部に含めて、幅広い情報を元に新商品開発を活発化している。これよって立ち上げたのが「然舎」シリーズ。鍋スープやぽん酢、だしパックなどの商材がある。基本は九州という地域性を重視し、自然のハイレベルな原料を活用し、上質な商材をコンセプトとしている。今後、同社の新ブランドとして育成していく。  昨年秋には醤油、つゆ、たれ、スープ類の工場でFSSC22000を取得し、輸出の可能性の幅を広げたほか、米国FDAの認証

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 九州食品産業特集

    九州食品産業特集

    総合

     農林水産省によると、2018年の全国、九州農業の産出額は全国で9.1兆円、九州で1.8兆円で、九州における全国シェアは19.6%となっている。ブロック別シェアでは関東27.3%に次ぎ、以後東北、北海道と続く。  都道府 […]

    詳細 >