九州食品産業特集

九州食品産業特集:フンドーキン醤油 液体調味料、本社工場が完成

味噌・醤油 2020.06.29 12073号 21面
世界一木樽

世界一木樽

小手川強二社長

小手川強二社長

世界一木樽醤油

世界一木樽醤油

 フンドーキン醤油は昨年10月、主としてぽん酢類を生産する液体調味料の本社工場が完成し、本格稼働している。ここでは瓶詰商品の製造となるが、あらゆる量目、形状の多様化に対応でき、多品種の商品化が可能。これによって、従来の生産能力と比べて2倍の拡充が進められた。  醤油工場では今夏、デラミボトル商品の好調な動きを見て、充填ラインを完全自動化。人員の省力化と生産能力が2倍となった。さらに味噌工場では国策によるパレットの統一化への取組みをほぼ完了した。  デラミ商材では特に「あまくて

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 九州食品産業特集

    九州食品産業特集

    総合

     農林水産省によると、2018年の全国、九州農業の産出額は全国で9.1兆円、九州で1.8兆円で、九州における全国シェアは19.6%となっている。ブロック別シェアでは関東27.3%に次ぎ、以後東北、北海道と続く。  都道府 […]

    詳細 >